キスマイ

ジャニヲタ必須!うちわはどうやって作ってる?作り方と面白いうちわもご紹介

今年もキスマイのライブへ行くことが決定しました!

ジャニーズのコンサートに必要なものといえば

miya
miya
うちわ!

ジャニーズに限らず韓流などでもよく使われているコンサート用のジャンボうちわ。

実はコンサート用に使う「うちわ」は普通の「うちわ」より少し大きめなのです。

普通の人から見ればただの「うちわ」かもしれませんが

ジャニヲタにとってはこの1枚のうちわに、コンサートでファンサ(お目当ての人からのファンサービス)をもらうために命を懸けているんです!

一人ひとりに「うちわ」の文字には思い入れがあって、少ない文字数にすべての情熱が込められていると言っても過言ではありません(笑)

私の「うちわ」の作り方とコンサートで見かける面白い「うちわ」をご紹介します。

こんなに面白いうちわの種類

うちわに入れる文字は人それぞれです。

基本はお目当てのタレントの名前を入れます。

私もいろんな人のうちわを見て、どうやったら目立つかとか面白くなるかとかたくさん勉強させてもらっています。

やっぱりうちわを作って持っていくからには

miya
miya
見てほしい!ファンサしてほしい!

基本は「ピースして」「手ふって」「バーンして」などファンサを意識したものが多いですね。

みんなファンサをもらうために、いろいろ工夫したり面白いこと書いたりしています。

 

 

 

 

 

 

自分の誕生日をアピールして「おめでとう」のファンサをもらったりできちゃう人もいて羨ましい!

テレビの影響も大きくて、テレビでタレントがしゃべったことや気になったことはすぐに「うちわ」に書かれます。

千賀くんの「千賀砲」は「バズリズム」でバカリズムさんが言ってから、去年のライブではたくさん見かけましたね!

うちわは手作り?注文する?

うちわの作り方は人それぞれです。

自分で頑張って工夫しながら作る人もいれば、うちわを作ってくれる業者もあるので自分で作ったりするのは苦手という人でもお願いすれば作ってもらえます。


 スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ

私ももちろんコンサートには「うちわ」を持って行きます!

特に面白いことは書いていませんが、いつも頑張って自分で作っています。

うちわの作り方

miya
miya
ジャニーズの手作りうちわはルールやマナーがあるよ!

ルールやマナーを守って作りましょう!

まず必要な材料を揃えます。

普通のうちわサイズでも問題ありませんが、少しでも目立つためジャンボうちわを使っています。

 

うちわの色を何色にするか悩みますが、私はいつも黒の団扇をベースにして作っています。

色の他に、ツヤありツヤなしなど種類がありますが、どっちも使ってみましたが、どちらでも特に関係ない気がします。

文字を作るのにはカッティングシートを使います。

好きな色を選びますが、暗いライブ会場内で目立つためには蛍光カラーのカッティングシートがおすすめ

うちわとカッティングシートをセットでも売っています。

 

文字は自分で手書きをして個性を出してもいいと思います。

私は自分で綺麗に文字を作れないのでこちらのサイトを利用して作っています。

うちわエディタで好きな文字を入れていきます。

うちわの色や文字の色の設定もできるのでどんな感じの仕上がりになるかすごくわかりやすくてすごく使いやすいです。

仕上がりのイメージができたら、画像やワードに変換できます。

それを印刷して型紙として使っています。

出来上がりはこんな感じ

うちわ作成の材料は100円ショップなどでも手に入るので、少しでもお金をかけずに作りたいのであれば頑張って作ってみましょう!!

オークションやメルカリなどのフリマでもうちわを作って出品している人もいるので、気に入ったうちわがあれば利用してみるといいですね。



スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ