MENU
MiYA
暮らし・お金・家族・日々の気になることをのんびり記録しています。
2020年最新の夫の給料公開しました

理想の中古一戸建てを見つけるのは難しい。タイムリミットはあと5か月

少し前から我が家ではまた家を購入しようという話になり

中古の一戸建てを探し始めました。

前回購入した時とは必要な条件が増えてしまっていることもあり、なかなか理想の物件にめぐり合うには難しいなと感じています。

目次

中古住宅購入の我が家の必要条件

今回また戸建ての家を買いたいという話になったきっかけの一番の理由は…

やっぱりマンションは狭い!

ということ。

マンションへ引っ越しをしてきた時は、掃除も楽だし、生活同線もバッチリだし、

マンションって最高!なんて思っていましたが、現在はまた状況が変わってきてしまいました。

コロナ騒動により夫が出社せずに家で仕事をするため、仕事の道具を家に持ち込んでやらなければいけないということが約1か月続きました。

狭いマンションのリビングを全部占領されて大変だったのです。

さらには子供も体が大きくなってきて家が狭く感じる…。

約5年住んでいる間に荷物も増えて収納しきれない…。

MiYAのアイコン画像MiYA
広い家に住みたい!

となってしまったわけです…。

ちょうど来年から子供が中学入学となるため、今の小学校は転校せずに卒業して中学校入学のタイミングで引っ越ししたいなという考えです。

我が家の希望条件は…

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • 駅から徒歩20分以内
  • 中学校が2キロ以内
  • 駐車場1台分
  • 価格は700万円くらいまで
  • 土砂災害警戒区域や浸水ちいきではないこと
  • 再建築不可ではないこと
  • 設備の修繕ができるだけ必要ないこと

これだけの条件を出してしまうとほんとに限られてきます。

家が新しいとか古いとかにはこだわってはいませんが、駅から徒歩圏内となるとやっぱり高い。

さらに中学校って数が意外と少ない。

小学校はどんな田舎に行っても地域にひとつふたつはありますが、中学校となると隣町まで行かないとなかったりで、中学校の近くとなるとなかなか見つかりません。

広範囲での家探しは大変

住む場所は、夫が電車で通勤できる範囲内。

我が家が住んでいる地域では車通勤という人が多いのですが、車の運転マナーの悪い人が多く、車では通勤したくないというのが夫の希望。

夫のアイコン画像
車通勤はヤダー

田舎の電車は一駅区間が長いということもあり、速度も速い!

電車で通勤できる範囲って結構広いのです。

10市町村くらいの範囲で物件を探しています(笑)

気になる物件を見つけたらすぐに不動産屋さんに連絡をしているのですが、移動に時間もかかるため、1日2件くらいの内見が限界です。

家の購入は勢いとタイミング

いくつか気になる物件を見て回っていましたが、とりあえず気になるのをすべて見てから決めようと思い、いいなと思った物件を保留して迷っていると、気づいたら売れてしまっていた…という家もありました。

いいなと思った物件は我が家だけではなく、みんながいいと思えるような物件ですので、ウカウカしているとあっという間に売れてしまっています。

とはいえ、安い買い物ではありません。

見てすぐに即決!という訳にもいきませんし、勇気もない…。

先に買われてしまった物件はきっと我が家には縁がなかった家なんだろうと思うようにしています。

我が家に縁のある物件にきっと出会えるだろうと探し続けています。

物件探しは2020年末まで

子供の中学入学という大きな行事に合わせたいと考えているため、物件探しのタイムリミットは2020年12月までと決めています。

秋から冬に寒くなってくると、コロナウイルスの感染拡大で外出するのが難しくなったりということもありそうなので、できるだけ早いうちにいい家が見つけられるといいのですが…。

2020年12月までに素敵な家に出会えなければ、現在のマンションでの生活を続けていこうという計画にしています。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる