先日、卓球の福原愛選手が台湾でおこなった結婚会見で、夫の江選手に月の土地をプレゼントしたということを言っていました。

月の土地って誰でも買えるの?と気になったので調べてみましたが

月の土地は誰でも購入できるんです!

スポンサーリンク





そもそも月の土地って誰のもの?

月の土地が誰でも買えるということはわかったのですが、そもそも月の土地は誰のものなの?ってことです。

勝手に売ってしまっていいの?…とか、これは詐欺?とかいろいろ思いますよね。

 

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープという不動産会社を経営している人です。

月は誰のものか?という疑問から法律を調べると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかり、国家が所有することを禁止しているが、個人で所有してはならないということは言及されていなかったらしいのです。

サンフランシスコの行政機関に所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

今まで誰も月の土地に目をつけていなかったということだとは思いますが、これを売ろうと考えてしまった人もすごいですよね。


月の土地はいくらで買える?

月の土地はなんと2,700円で買えるのです!

1エーカー(約1200坪)

・月の土地権利書/月の憲法/月の地図
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

がついてきます。

 

月の土地が買えるなんて夢のような話ですが、実際に購入できてしまうなんてすごいです。

月の土地を買ってどうする?と言われてしまうとどうすることもできないのですが…(笑)

世界中の有名人も月の土地を購入している人は多いようで、2,700円で購入できてしまうなら買ってみるのもおもしろいかなと思ったりしています。

サプライズやお誕生日プレゼントなどにはすごく喜ばれるかもしれないですね!