気付けばもう10日以上ブログを更新していませんでしたね…。

6月10日・11日のKis-My-Ft2(キスマイ)のアリーナツアーの広島公演への遠征のため

先週から

うちわを作ったり、参戦服を選んだり、一緒に行く友達との打ち合わせだったり

ジャニヲタの活動に専念してしまっていました。

そしてライブが終わって楽しすぎた時間が終わって

今週は気持ちと体が現実に戻れず苦しんでいます(笑)

キスマイのファンになってから約7年。

ずっとジャニヲタ生活が続いています。

ジャニヲタってどういうイメージですか?

ジャニーズに興味のない男性からしてみると

気持ち悪い…と思う人もたくさんいるのだと思います。

私も若い時は全然理解できなかったので。

【目次】

スポンサーリンク





私はなぜジャニヲタになったのか

ジャニーズに目覚める時は突然やってきます。

私は20代の頃は、ジャニーズどころか芸能人にもあまり興味がありませんでした。

仕事も順調で彼氏もいて平日も休日も充実した日々を送っていたからかもしれません。

そして結婚して出産。

妊娠した時には仕事を辞めていたので、それからずっと家にひきこもりの状態でした。

自然とテレビをみる時間も増えていきます。

家にいるストレス。育児のストレス。親の死。

いろんなものが一度に重なってすごく苦しい時期がありました。

そんな時に出会ってしまったんです。

ジャニーズに。

テレビでみるジャニーズの子たちのキラキラした姿は本当に素敵でした。

観ている時間は苦しい事やつらい現実を忘れられるのです。

ジャニーズだなんて一番ビックリしているのは自分です。

それまでジャニーズなんて全く興味がありませんでしたし

ジャニーズを好きになるようなのはヤバい女子だと思っていたので。

ずっと独身でいるような人がジャニヲタになるのだという思い込みがありました。

もちろんジャニーズの人はかっこいいし、歌も上手い人もたくさんいるし、悪いわけではありませんが、好きになってしまったら自分もヤバい女子になってしまうと思っていたんです。

ジャニヲタ仲間は楽しい

私が最初にキスマイにライブに行くとなった時、1人で行く勇気がありませんでした。

今まで他のアーティストのライブには何度か行ったことはありましたが、ジャニーズのライブなんて行ったことがありませんでした。

ペンライトは持たなくてはいけないのか、うちわは持った方がいいのか

初めてだといろんな事が不安でドキドキなんです。

ジャニヲタはヤバいというイメージもあったので怖いというのもありました。

最初は同級生の友達にお願いしてついてきてもらいました。

結局最初はうちわもどうしていいかわからず持たずに行きましたが

今まで思っていた想像以上の楽しさでした。

それから毎年ライブへ行くようになり、ジャニヲタ仲間が増えていきます。

私のジャニヲタのイメージが変わりました。

ジャニヲタの友達は20代から40代までいますが、みんな普通。

(もっと普通の人から見ればジャニヲタというだけで普通ではないですが…。)

結婚してるし、彼氏もいるし。

もちろん独身でジャニーズにはまり込んでしまっている人もいます。

でもみんな想像していたより全然普通の人だった!というのが、また私をジャニーズにさらにのめり込ませてしまう原因になってしまったのかもしれません。

夫には理解されない

ライブに一緒に入る友達も結婚していたり、彼氏がいたりします。

「旦那や彼氏はジャニーズのライブに行くっていうのは大丈夫なの?」

という話によくなります。

私の夫は

「なんでジャニーズなんだ!?」

と、ジャニーズに関しては全く理解してくれていません。

いまだに

「不倫だ!」「浮気だ!」

「ホストに金を貢いでるのと一緒だろ」

とよく言われてしまいます。

他の歌手のライブに行くならまだしも、どうしてもジャニーズだけは理解ができないと言っています。

私がキスマイを好きになる前までは、家で芸能人の名前もほとんど言ったこともないし、誰がかっこいいとか好きとか言ったこともなかったので、余計に夫は驚いているでしょうし、ショックだろうし、悔しいだろうし、嫉妬もあるのかなと思います。

そんな夫の気持ちをわかっていながらも

一度ハマってしまうと辞められないのがジャニヲタの恐ろしいところ。

自分の嫁や彼女はそんな人ではないから大丈夫と思っている人もいるでしょう。

私もそうでしたが、ジャニヲタになる日は突然やってきます。

大丈夫と思っている人に限ってジャニーズにハマってしまうと

とことんハマり込んでしまうかもしれない恐ろしさがあります。

ジャニヲタの生活

ではジャニヲタとは日々どういう生活なのか。

人それぞれ生活スタイルがあると思いますが

私の場合で説明してみたいと思います。

自分の好きな人を担当という

私もジャニヲタになってから初めて知りましたが、ジャニーズの誰かを好きな場合は、よく聞く”推し”ではなく、”担当”と言います。自分の担当を自担と呼ぶ。
私は”○○担”ですと自己紹介することになります。

担当カラーのものが増えていく

ジャニーズにはそれぞれ個人でイメージカラーがあります。
ライブなどに行くと、担当カラーの服だったりアクセサリーをつけていたりと、誰のファンなのかということがすぐにわかります。
私も今まで黒や白などモノトーンな感じのファッションがほとんどでしたが、ライブに行く時のことを考えて買い物をするようになり、担当カラーのものがどんどん増えていきます。

CDは同じタイトルのものを3枚以上買う

CDやDVDが発売される時は、初回限定盤A・B・通常盤と特典内容の違うものが3種類以上発売されます。すべての映像・音楽を手に入れたいためすべて買うことになってしまいます。

出演するテレビ番組はすべて録画

家にあるブルーレイレコーダーはほぼ私専用になっています。
しかも録画してあるのはほぼキスマイが出ている番組。
そしてキスマイが出ていなくても、他のジャニーズが出ていればキスマイの話題がでないかと、気になるものはすべてを録画します。

動画・画像の検索しまくる

暇な時間があると、つい動画や画像の検索をしてしまいます。
お気に入りの画像があればすぐに保存。スマホのメモリーは家族の写真よりも自担の画像の方が多くなってしまいます。

チケットを取るため知合いや友達は名義に見えてくる

ジャニーズでよくあるのが、チケットを確保するため、家族・友人・知合いの名前を借りてファンクラブに入ること。
ジャニヲタにどっぷりはまってしまうと、チケットが落選してライブに行けないなんて苦しすぎて考えられない。今回は諦めようなんて選択肢はありません。Twittermixi・掲示板などありとあらゆる手段でチケットを譲ってくれる人を探すことになります。そんなことにならないためにも、名義をいくつも持っているという人が多いです。

私も最初は自分の名義だけで頑張っていましたが、毎年友達を一人ずつファンクラブへの入会をすすめて増やしていってしまっています。

ひどくなってくると、ジャニーズに全く興味のない人にも、会費は払うから名前と住所を貸してという風になってくるのです。(私はまだそこまでやってません)

もはや新しくできる知合いや友達はすべて名義に見えてきてしまうのです。

振込み用紙が家に大量にある

去年くらいからチケットの申込方法も変わってきて、今年からキスマイもデジチケになってしまいましたが、それまではコンサートの申込は郵便局にある青い振込み用紙に記入して当選もしていないのに先に振込をするという形でした。

1公演1枚で、一度に何公演分も申込をするので、ジャニヲタの家には郵便局からとってきた青い振込み用紙が大量にあるのです。そして、ジャニーズのチケット申込は「振込み用紙」ではなく「振込め用紙」と言われている。

ライブでは同担が隣にくるのは嫌

これは私には当てはまりませんが、ライブでは自分にファンサをもらいたいという気持から、隣に同じ担当の人がいるの嫌がる人もいます。
チケットの譲りや交換などの条件で、同担以外というのをよく見かけます。
私は同担の方が一緒にキャーキャー言えるので好きですが…。

自分の息子・知合いの子供をジャニーズに入れたくなる

自分の息子がジャニーズだったら…と夢みてしまいます。
知合いの子でちょっとかわいい子がいたらすぐに「ジャニーズにはいれるんじゃない!?」と言ってしまいます。

本人不在の誕生日会が開かれる

ヲタ会はよく開催されますが、本人もいないのに誕生日会も開かれたりします。
本人不在で意味わかりませんが、ケーキも準備してプレートに名前も入れてお祝いします。

街に貼ってあるポスターや看板の写真を撮る

本人がいるわけでもないのに、街に貼られているポスターや看板をわざわざ見に行き、写真を撮るというおかしな行動をします。
私も広島でやってきました…。

f:id:miyaweblog:20170616132811j:plain

いくつかパッと思いついた事を書き出してみましたが、面白い!

ジャニヲタの生態については細かく書くとまだまだたくさん出てきます。

こうやって考えていると自分のことも客観的にみれていいのかも。

ちょっと我に返ってヤバいということがわかります…。

こうゆう本もあるみたいで面白そう!
自分がどれだけ当てはまるのか読んでみたいです。

 まとめ

もしあなたの大切な人が突然ジャニヲタになってしまったら…。

私も夫にすべてを理解をしてもらうのは難しいですが、普段はできるだけ家事・育児も頑張り、家族での旅行以外にはお金を使うこともほとんどないため、なんとか許してもらっている(諦めている?)という感じです。

私は家の中で目につくところにはポスターは貼らないし、CDやグッズもできるだけ棚の奥にしまっています。録画した番組やライブのDVDなども夫のいる前では見ません。

ライブに行ったり、CD買ったり、雑誌を買ったり、グッズを買ったり。
やり過ぎはよくないですし、限度もあります。

家事もそっちのけで、お金も借金してまでなんてなってしまったらもうどうしようもないのかもしれませんが、嫁や恋人がそんなことになってしまわないためにも、すべてを否定しないで、少しだけ広い心で認めてあげてください。

にほんブログ村テーマ
ジャニーズ Johnnys

♪ジャニーズ Johnnys♪大好き

ジャニーズが好き。

~~ジャニーズ大好きな人~~

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ