のんびり主婦が貯金します

のんびり主婦miyaがお金・家族・生活・日々のことを考えて楽しく生きるためのブログ

家の売却で決済・引渡が完了し売却代金が入金されました!

f:id:miyaweblog:20170313145612j:plain
売りに出していた一戸建ての家の購入者決まり、売買契約を済ませていましたが

無事に決済・引渡しが完了して家の売却代金が入金されました!

売買契約日と決済日の違い

以前に家を購入した時に契約の流れは一通りしていたので、なんとなく覚えているつもりでしたが、今回の家の売却で改めて流れを確認できました。

不動産の売買では多くの場合は売買契約日と決済日は別の日となります。

特に、住宅ローンを組んで支払いが行われる場合にはローンの本審査は売買契約後に行われることになるようなので、ローンの融資が行われる日が決済日となります。

本審査は銀行によって違うかもしれませんが、だいたい3週間~1か月くらいかかるようです。

売買契約日は

売買契約日とは、買い手が手付金を支払い、売買契約を作成することによって、不動産の売買を約束する日となります。

契約時に必要だったものは

  • 印鑑(認印でOK)
  • 身分証明書
  • 買い手は手付金

本来であればこの契約日に、家の設備や建物に付帯するものなど重要事項をじっくりと売主買主で取り決めして確認するという作業もあるようなのですが、今回は買い手側がすべて売主さんにおまかせします!という事だったので、特に話し合いもありませんでした。

また住宅ローンの残債などがあれば、別に手続きなど必要になってくるようですが、我が家にローンはありませんので、売買契約はサラッと終了となりました。

決済日は

決済日はいよいよ、売却代金の支払い・権利書や家の鍵の引渡・所有権移転の手続きとなります。

決済場所は、買主さんが住宅ローンの融資を受ける銀行でした。

当日は、売主・買主・仲介の不動産会社・司法書士・銀行の人と勢ぞろいで必要な書類にサインをしていきます。

決済時に必要だったものは

  • 家の権利書と関係するすべての書類
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書
  • 家のすべての鍵
  • 仲介手数料
  • 司法書士への登記の住所変更の費用(12,000円くらい)

売却代金の入金先はどこの口座でも振込してもらえるということでしたが、振込となると振込手数料がかかってしまうため、決済をする銀行の口座を持っていたので、その口座へその場で入金をしてもらうことにしました。

銀行の入金手続きをしてもらっている間、売主さんから家の設備の使い方など不安な部分の質問にいくつか答えたり、雑談をしたりしていました。

そして、通帳に売却代金がきちんと記帳されていることを確認し、終了です!

時間は1時間もかからないくらいでした。

事前によく確認して準備しておく

今回は特に書類や内容に不備もなく、順調に売買契約・決済と完了しましたが、

家の売買なんて人生で何度もあることではないと思いますので、当日慌てることのないように、心配や不安な部分は不動産会社によく確認して必要な書類などは余裕をもって準備をしておくと安心ですね。

実は収益物件を購入しようか考え中です

無事に決済が終わり入金されたこともあり

実は不動産投資に興味を持ち始めています。

またこの詳細は記事にしたいと思っています。