のんびり主婦が貯金します

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり主婦が貯金します

のんびり主婦miyaがお金・家族・生活・日々のことを考えて楽しく生きるためのブログ

MENU

今年こそ早めの年賀状印刷注文でお得に!我が家が年賀状を出す理由

毎年12月の中旬頃になって、あせって年賀状の作成をしているのですが

いつもギリギリになってしまい、これでいいや!と考える時間もあまりなく、納得のいく年賀状が作れていませんでした。

今年こそは早めの準備で納得のいく年賀状を作ります!

みなさんは年賀状出してますか?

f:id:miyaweblog:20170201153805j:plain 子供の頃は、友達に年賀状を書くことも楽しみでしたが、20代の頃は全く年賀状を書くことはなくなっていました。

ですが、結婚をして親戚が増え、夫の友達や自分の友達なども結婚をして家族ができるようになってくると、また年賀状のやりとりをする事が増えてきました。

でも年賀状って面倒…。

子供が産まれてしばらくは、自分でデザインを考えて、自分で印刷をして、全部自分で作っていましたが、だんだんと面倒になってきて、最近では年賀状印刷をしてくれるとこで頼むようにしています。

SNSがあるのに年賀状は必要なのか?

今は、LINEやFacebookTwitterなどのSNSを利用している人がほとんどで、わざわざ手紙や年賀状などを出さなくても、いつでも友達や知人の近況を知ることができますし、すぐに連絡を取り合うこともできます。

なのに、年賀状を出す必要があるのか?

必要かどうかは人それぞれだと思います。

私も20代の時は年賀状なんて必要ないと思っていましたし、学生で友達との付き合いだけというような人はSNSだけでもつながりがあり、会ったり遊んだりする事も多いでしょうし、年賀状なんて必要ないかもしれません。

ですが、私は結婚して家族ができて変わりました。

親や親戚など年配の人とのやりとりは、やっぱりまだまだ手紙やハガキです。

もちろん家族でSNSをしているという人もいるかもしれませんが、私たちの世代の親では少ないと思います。特に夫の家族全員未だにまだガラケースマホすら持っていない…。

実は私の夫もまだガラケーです(笑)

そんな家族に元気ですよと近況を知らせるにはやっぱり年賀状なんです。

友達も結婚して子供ができると、年賀状を送ってくれるようになりました。

子供の写真入りの年賀状は送っていいの?

これって悩みますよね…。

私も何人かまだ独身の友達や子供のいない友達もいますので、どうしようかいつも迷います。

もらって嬉しくない年賀状の調査では、子供の写真というのが絶対に入ります。

子供だけじゃなく家族の写真にする

私も悩んでいつも写真入りの年賀状にしていますが、子供だけではなく、家族全員で写っている写真を使うようにしています。

子供だけの写真の年賀状をもらうこともありますが、

遠方にいる友達の子供には会ったことない子も多いので、あとで見返した時に

一度も会ったこともない子供の写真をみても、思い出も感動もありません…。

子供だけの写真というのは自分がもらって嬉しくないのだから、やっぱり人も同じことを思うはず。

自分で作るのは大変。だったら頼んじゃえ!

せっかく年賀状を出すなら、ちゃんと自分で作った方がいいと思って私もやっていましたが、作らないといけない思うと苦痛になってくる…。

こうゆう作業が好きだという人はいいかもしれませんが、私は何年か自分で作ってみてやっぱり苦手だということがわかりました。

だったら作ってもらえばいい!

と一度気持ちをきりかえてみたらすごく楽になりました。

ということで、今年こそ早めに注文しよう!と思っていたので10月から申し込みがはじまってきているので、早速注文しました!

早めに注文すれば割引額が大きくてお得

いままで12月ギリギリに注文することが多かったので、ほとんど割引もなく支払いをしていましたが、10月中なら早期割引で割引率が大きくて安くできます!

今回年賀状作成にかかった金額は

■基本料金 : 8500円 ■はがき印刷代金30枚 : 2640円 ■キャンペーン割引 : -4250円(超早期割キャンペーン) ■小計 : 6890円 ■消費税 : 551円 ■郵政はがき代30枚x52円/枚 : 1560円 ■支払合計 : 9001円

30枚で9,000円て、割引があっても高い気はしますが、自分が納得のいくデザインで作ってもらって、自分で作る手間も省けるなら納得いく金額だと思います。