のんびり主婦が貯金します

のんびり主婦miyaがお金・家族・生活・日々のことを考えて楽しく生きるためのブログ

フレッツ光を光コラボレーションに転用すると安くなるの?

f:id:miyaweblog:20170324162813j:plain

1年くらい前からたまに

NTTの代理店だと名乗る会社から

「光コラボレーションに転用すると安くなりますよ」

という電話がかかってきたりしていたのですが

まったく意味がわからず、絶対怪しい勧誘だと思ったので

「結構です!!」と

話もよく聞かずに電話を切っていました。

先日楽天から「安くなりますよ」と電話がかかってきたときに、

そういえば前もそんなような電話がかかってきたなと思い出し、光コラボレーションとは何ぞやとなり、やっと調べてわかってきました…。

 

 

【目次】

フレッツ光と光コラボレーション

わが家が以前住んでいたのは山の中で、光回線が開通していなかったので、それまではずっとADSL回線を使っていました。

そしてマンションに引越しをしてきた時に、フレッツ光対応ですよという話だったので、NTTのフレッツ光楽天プロバイダーの契約をしました。

ですので、NTTとプロバイダーとそれぞれに料金を払っていました。

光回線を利用するのはみんなこの方法なんだと思っていたんです。

「転用しませんか?」なんて電話がかかってきても怪しい勧誘だとしか思っていなかったので、光コラボレーションの事は全くわかっていませんでした。

光コラボレーションとは

flets-w.com

光コラボレーションとは

NTT東日本・西日本が提供している光回線フレッツ光)を光コラボレーション事業者が借り受けて販売するというもの。

今までは、NTTとプロバイダーとそれぞれと契約をしてそれぞれに料金を支払っていたけれど、それが一本化されるのです。

転用する方法

まずNTTから「転用承諾番号」を受け取り

光コラボレーション事業者への申込となります。

光コラボレーションにするメリットは?

料金の支払いが一本化できる

一番のメリットは今まで、NTTとプロバイダーと別々に契約して支払っていた料金を一本化できるということ。

また通信のことで問い合わせをしたいときは、NTTかプロバイダーのどちらに問い合わせをしていいのかわからず、どちらにも連絡をしたりして二度手間になってしまったりということもありましたが、窓口が事業者ひとつになります。


料金が安くなるかも

戸建てやマンションなどによってもフレッツの料金が違いますし、現在利用しているプロバイダーの料金によっても違います。また選ぶ光コラボの事業者によっても金額が違いますが、現在フレッツ光を利用している場合は、ほとんどの場合は安くなるようです。


事業者によって割引サービスがあったりする

事業者によって、格安SIMとのセット割りや、電気の契約で安くなったりというものもあるようです。

フレッツ光の解約違約金は発生しない

NTTとの契約は解約となるので、フレッツ光の違約金が発生してしまうのではと心配になりますが、契約の更新月でなくても違約金は発生しません。

工事が必要ない

新規で光コラボを利用する場合には工事費用がかかってしまいますが、今までフレッツ光を使っていて転用する場合には、工事が必要ないので、工事費用もかかりません。

ですが事務手数料が数千円くらいかかります。

 

 デメリットは?

料金が安くなるのであれば転用してしまった方がいいじゃん!と思ってしまいますが、光コラボに転用することで、いくつかデメリットもあるようです。

フレッツ光には戻すことができない

一度光コラボへ乗り換えをしてしまうと、元のNTTフレッツ光に戻したり、他の事業者へ光コラボへ転用をしたりということができなります。

フレッツ光に戻したい!という時は、一度光コラボを解約をしてまた新規に契約をしないといけないようです。

わが家はひかり電話を利用しているので、フレッツ光→光コラボ転用の場合は、そのまま今の電話番号を使えるようですが、光コラボを解約してしまうと、今まで使っていた電話番号が使えなくなってしまうのです。

NTTフレッツ光のポイントが消える

現在NTT西日本でフレッツを利用していますが、「CLUB NTT-West」でポイントがたまっています。

光コラボへ転用してしまうと、NTTは解約となってしまうため、ポイントも消滅してしまいます。

転用をする前に、たまっているポイントを商品に交換してしまわないともったいないです。

料金が高くなる場合もある

ほとんどの場合は転用で安くなるようですが、マンションなどでもともと安いプランのフレッツを利用している場合は、転用で料金が高くなってしまう場合もあるみたいです。転用前によく確認する必要がありそうですね。

プロバイダーの解約違約金が発生する場合がある

現在契約しているプロバイダーの契約内容によっては解約金が発生する場合があります。

わが家が今契約している楽天ブロードバンドは最低利用期間24か月となっていました。

速度が遅くなるとの噂が…

光コラボへの転用に関するを書き込みをいろいろとみていると、転用してから通信速度が遅くなってしまったというものをよくみかけます。

各家庭の環境によって違うのかもしれませんが、少し料金が安くなっても速度がぐんと落ちてしまうのは嫌だな…。

 

わが家は転用するのか

現在わが家では

NTTフレッツ光 3,815円
楽天ブロードバンド 972円

毎月 4,787円支払っています。

転用することによって少し料金は安くなりそうです。

 

今せっせとマイルを貯めているので、ポイントサイトのハピタスを利用でお得にポイントがもらえるビックローブのSIMに変えようかと思っているのですが、光コラボもビックローブ光にすると、SIMとのセット割りで300円安くなるみたいです。

auスマホやケータイを使っていればさらに割引になります。

わが家はガラケーauで利用していますが、対象プランに入っていないようなので割引適用はできないみたい…。

 

ですが、ビックローブの評判がすごくよくないのが気になっています。

また転用して安い料金で利用するためには3年契約更新となり、途中解約は違約金が20,000円と結構高い。

一度転用してしまえばしばらく解約することはないと思うのですが、速度が遅くなってしまったら3年も使い続けられるのかといろいろと心配なんですよね。


安くなっても数百円。

だけど通信環境が変わらず数百円安くなるのであれば、変えたいなという思いもあるので、よく検討して考えたい思います。

 

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ